« バジルペースト | トップページ | ぶどうの無水パン »

2009年8月10日 (月)

お盆

原爆の日・終戦記念日~そして~お盆

今の平和に感謝し

故人を偲ぶ

厳粛な気持になるこの時期

私が外から帰って玄関扉を開けると

玄関の上がり口で

両足を揃えしっぽをパタパタと

嬉しそうに(?)出迎えてくれた

猫のそらを懐かしく思い出しています・・・・・

家族の癒し担当のそらがいなくなり

もう7ヶ月が過ぎ~

そらのいない生活にも慣れましたが・・・

小さな体の温かさや、柔らかさや、やさしい目。

今も懐かしい~

人間なら初盆。

私の心の中でそらの初盆の供養をしたいと思っています

« バジルペースト | トップページ | ぶどうの無水パン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

愛猫を亡くされていたのですね。
生活を共にしたものが猫であれ犬であれ又
鳥であれいなくなると寂しいものですね。
私もゴールデンレトリーバーを亡くしています。
仏壇にワイフがその犬の遺影を飾ってあります。
その笑顔を見ると今だに当時の事が蘇ります。
愛猫「そら」ちゃんのご冥福をお祈りします。

今もトマトさんの心の中にしっかりと刻まれているそらちゃん幸せ猫ちゃんでしたね。
私も飼ったワンコが私に一杯幸せをくれた事を今でも忘れませんよ。

マク様がおしゃるとおり。
人も動物も同じ。命の重さは。生活をともにしたものが、いない寂しさは、分かります。
経験がありますから。可愛いスピッツでした。
その悲しさが忘れられず、二度と動物は飼いません。別れはいやです。
トマトさんの心の中に生きていますよ。
そらちゃんも、天国から見守っていることでしょう。

富士のマク様
そばにそらがいるだけで
ほっと~する事が出来ました
ペットが
いかに大切だったのかと改めて感じます
家族で
「そらは病気から開放されて天国で元気に走り回 っている」と信じています

スー様
しゃべれないだけに病気になった時は可愛そうでした
2年前新幹線に乗り~千葉から大阪に来た時の事や大阪での引越し。
そらにとっては相当なストレスだったと思います。でも一緒に暮らす事を選んだ事に後悔はしていません~
まためぐり合えれば・・・と思っています

おばさん様
元気だったのに・・・
日を覆うごとに弱って行くのを目の当たりにするのは可哀想でした
それは人間も動物も同じですね。
また猫を飼いたいと思う気持はあるのですが
今度は最後まで見る自信がないので
もう~飼えないかもと思っています。
そらは天国に行ったと信じています

分かりますトマトさんの気持ち
愛情いっぱいに生活していたペットは家族同然ですから。
我が家の達にも長生きしてねと話しかけています

元気だったそらちゃん懐かしく思い出されます
家族同然に暮らしていたそらちゃん幸せ猫ちゃんでしたね。
初盆を迎えトマトさんの優しい心を喜んでいる事でしょうね。
今朝の地震にはビックリしました。

のらねぃ様
時々思い出してしまいます
肝臓が悪くなり~だんだんと弱って行くのを見るのは辛かったです
想い出をいっぱい残してくれたそらに感謝です

カリン様
朝のテレビを見てびっくりしました。
すごくゆれていましたね。
なんか・・・立っていられないほどだったとか
被害がどんどん広がって~大変でしたね。
でも静岡の方は東海地震に備えていて被害は少なかったとか・・・
家具の固定や耐震性のお家など~いかに大事なのか改めて感じました。

いまでも「そら」って呼んだら何処からか現れそうな気がします

トマトさんへ。 そらちゃん初盆ですね。もう仏さまになりましたね。新人ですね うちの父が亡くなる2日前、娘に「おじいちゃんは空の上から見てたるから、頑張るねんでぇ」と言ってました。信仰心の無い父でしたから、びっくりしましたが、きっと本当にそんな世界なんだろうと思います。そらちゃん、いつもトマトさん家族の側に居ますね

レシピ様
そらは個性的な猫で~
猫らしくない~こびない
ほとんど甘えない
滅多に鳴き声を出さないと三拍子揃った
変わり者でした
あっさりとなんの迷いも無く天国に行ったんだろうなぁ~と娘達と話しています


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バジルペースト | トップページ | ぶどうの無水パン »